TOPICS

街なかにぎわいアプリ「くりだそう!北九州」を活用した「にぎわい創出事業」実証実験がスタートします

~「ミクニワールドスタジアム」グランドオープンを街のにぎわいに!~

当財団が支援を行う地元企業や大学を含むコンソーシアムにより実施する「にぎわい創出事業」実証実験がスタートします。

本実証では、街中に設置したビーコン(発信器)やセンサー(測定器)を活用して、スマホアプリにお得なクーポンやゲームを配信することで、スタジアムに集まる人の流れを小倉駅新幹線口(北口)から小倉城口(南口)の商業施設に誘導し、小倉駅周辺地域の活性化を目指します。

■期間
平成29年3月12日(日)~ 平成30年3月31日(土)
■場所
「ミクニワールドスタジアム」を含む小倉駅周辺
■内容
①アプリによる“街のにぎわい”創出の有効性検証
 参加者の分析、滞留時間分析、混雑分析など
②センサーによる人の流れの見える化の有効性検証
 断面交通量分析など
■今後の展開
事業化に向けた検討とともに、文化ゾーン(小倉城など観光スポット)にも回遊させ、街の活性化とビックデータ分析等による多様なサービスの創出により地域の創生を目指す。

■実施体制
・安川情報システム株式会社 
・株式会社 ギラヴァンツ北九州
・株式会社 iD 
・国立大学法人 九州工業大学

■事業支援
・公益財団法人九州ヒューマンメディア創造センター

■関連リンク(外部サイト)
<安川情報システム株式会社による発表記事>
http://www.ysknet.co.jp/news/17/news_products/20170306.html
<株式会社ギラヴァンツ北九州による発表記事>
https://www.giravanz.jp/information/2017/0331420/
<アプリダウンロードページ>
https://www.giravanz.jp/2017/appli/

ページトップへ